WITU ウィトゥ諸島/ NEW BRITAIN

ウイトゥ諸島はニューブリテン島のキンベ湾に面したウイリアムズ半島の北西約80kmの外洋にある島々です。西側のニンガウ島と、 かつて火山の噴火口であった湾を囲むガローブ島などからなります。

主なポイント
NLAMA SHOAL
ドロップオフをギンガメ、バラクーダ、イソマグロの群れが活発に回遊します。スロープにはブラックコーラル、バレルスポンジ、ヤギが群生しています。リーフトップにはイソギンチャクに似た毒性の強い腔腸類のコロニーがあるので注意が必要です。
OGAROVE ISLAND CALDERA
カルデラ湖のような砂地のマックダイビングポイント。ウミウシ、タコ、ヨウジウオが豊富です。
PCAPE KURABO
MUNDUA島の東の端のクラボ岬から続くリーフ。ブラックチップシャーク、ユニコーンフィッシュ、オセアニックトリガー、カスミアジの群れが回遊します。エンゼルフィッシュの種類も豊富。
QTHE ARCH
ソフトコーラル、ウミウチワ、ヤギに覆われた水深25mにあるアーチ。周囲にはワニゴチが根付いています。
RNAREGA ISLAND
サンゴぎっしりのウォールに沢山のクレバスがありソフトコーラルとユタカハタのコンビネーションが美しいポイントです。
SUNDAGA REEF
大きな隠れ根で周囲に小さなボミーが点在。バナーフィッシュが美しく、リーフトップには無数のハナゴイが泳ぎ回ります。

キンベ湾、ウィトゥ諸島サイトマップ